東日本大震災

  • Check

8月15日から12日間開催 プロジェクトFUKUSHIMA

 芸術・文化を通して本県の姿を世界に発信する「プロジェクトFUKUSHIMA!」の今年のメーンイベントの概要が固まった。期間は8月15日から同26日までの12日間。プロジェクトの趣旨に賛同する企画を国内外から募り、各地で展開する。初日は福島市の中心部を旗で埋め尽くし、即興オーケストラの演奏を繰り広げる。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を乗り越え、未来を創造することが目的。福島市の詩人和合亮一さん、同市育ちの音楽家大友良英さん、二本松市出身のミュージシャン遠藤ミチロウさんが中心となって取り組んでいる。
 昨年は1日のみの開催だったが、今年は期間を大幅に延ばした。無数の旗を立てて共に結びつき合おう-との思いから、テーマを「旗」に設定。初日の福島市での催しは、昨年のメーンイベントで会場に敷き詰めた「福島大風呂敷」を旗に作り直して飾る。大友さんが率いる「オーケストラFUKUSHIMA!」が音楽を奏でる。
 期間中は有志に国内外のさまざまな場所で思い思いのイベントを行ってもらう「世界同時多発フェスティバル」が目玉となる。プロジェクトの目的に共鳴する人であれば誰でも参加可能。開催地はどこでもよく、企画の種類も問わない。賛同者を募っている。
 「オーケストラFUKUSHIMA!」や「世界同時多発フェスティバル」への参加はプロジェクトの公式サイト(http://www.pj-fukushima.jp/)で申し込むことができる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧