東日本大震災

  • Check

年内に本県渡航制限解除 韓国、政府高官が知事に示唆

 韓国文化体育観光部の郭●鎮第一次官は18日、佐藤雄平知事と県庁で会談し、東京電力福島第一原発事故を受けて発令されている福島県への渡航制限について「今年下半期には(旅行者増加など)前向きな結果が得られると期待している」などと述べ、韓国政府として年内の制限解除を視野に入れていることを示唆した。
 韓国政府の制限解除に向けた動きは、秋に日本、中国、韓国による日中韓観光担当相会合が本県で開催される見通しであることが背景にあるもようだ。同国内では制限解除への慎重論が根強く、福島空港からソウルへの定期路線を運航するアシアナ航空は制限解除を路線再開の前提としている。一方で、韓国人旅行者の利用が多い本県のゴルフ場などからは1日も早い制限解除、路線再開を望む声が上がっている。
 会談で佐藤知事は「ソウル線は本県と韓国の懸け橋として大きな役割を果たしてきた。県として正確な情報提供に努めるので、制限解除と路線再開を検討願いたい」と話した。
 郭第一次官の来県には、韓国の旅行会社社長ら業界関係者が多数同行している。郭第一次官は「関係者が福島で見て経験することが、交流の道を広げる契機になる」と述べ、復興に向けて歩む本県の正しい現状を韓国内で伝えることが、制限解除と路線再開への弾みになるとの認識を示した。

※●はサンズイに榮

東日本大震災の最新記事

>> 一覧