東日本大震災

  • Check

大熊は9月にも再編 95%が帰還困難区域に

 東京電力福島第一原発事故で全域が警戒区域になっている大熊町は、9月にも国の再編案を受け入れ、3区域に再編する見通しであることが19日、分かった。渡辺利綱町長が会津若松市の町役場会津若松出張所で開かれた町復興計画検討委員会の終了後、記者団に「8月いっぱいを区域見直しの準備期間とし、9月にも施行できればという考えを持っている」と述べた。
 町は今後、議会や区長会への報告、住民説明などで理解を求める考えだ。8月中にも議会の同意を得て「5年間は町に戻らない」宣言を出したいとしている。
 大熊町は住宅地の95%が原則立ち入りできない「帰還困難区域」になる見通し。残りは「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」に再編される。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧