東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「いわきふたば絆の会」発足 仮の町候補地提案目指す

復興を期して万歳三唱する出席者

 東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされている双葉郡の住民が他の市町村に拠点をつくる「仮の町」構想で、候補地の一つになっているいわき市で25日、住民らが「いわきふたば絆の会」を発足させた。いわき市のいわき新舞子ハイツで初会合が開かれた。
 浜通りの住民同士が絆を強め、復興を目指すのが目的で、市民と双葉郡の住民合わせて約280人が参加した。金成秀生代表(医療法人桂生会理事長)が「安心して暮らせる浜通りを実現するためには、除染や『仮の町』の実現が必要」とあいさつした。
 大熊、双葉両町の住民が避難生活の現状を説明するした後、復興を期して万歳三唱で締めくくった。
 会は独自に市内6カ所に2千~4千戸の「仮の町」の候補地を選定。今後、市などに提案していくという。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧