東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

9県で連絡会議設置へ 森林除染の課題共有

 東京電力福島第一原発事故に伴い、放射性物質に汚染された森林除染の課題などを東北、北関東の各県が広域的に共有する初めての会議が20日、福島市の福島テルサで開かれ、「森林・林業放射性物質汚染対策連絡会議」を設置することを決めた。
 市町村が除染実施計画を策定する汚染状況重点調査地域に指定された市町村を有する本県はじめ、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉の7県と隣県の山形、新潟両県から約30人が出席した。会議は冒頭以外、非公開で行われた。
 県によると、県の担当者が、森林除染に向けた本県の取り組みや県内の森林除染の在り方を検討している環境省の有識者検討会での議論の状況を説明した。他県の出席者からは、今後、森林除染を進める上での課題やキノコ生産に必要な原木の不足問題などが報告されたという。
 会議には林野庁の沼田正俊長官が出席し、「問題を共有し情報交換しながら改善点を探ってほしい」とあいさつした。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧