東日本大震災

  • Check

復興モニュメント設置 開成山公園

復興モニュメントを除幕する出席者

 ニューヨークの世界貿易センタービルの鉄骨を使った折り鶴のモニュメントが23日、郡山市の開成山公園に設置された。街の早期復興を願い、米中枢同時テロによる遺族団体「9・11家族会」や日米のロータリークラブ(RC)などが共同で寄贈した。設置式で、伊東孝弥郡山西RC会長が「原発事故、同時多発テロなど、二度と悲劇を起こさぬよう後世に残すとともに、今後の発展への糧としてほしい」とあいさつした。ニューヨークの柳沢育代イングルウッドRC次年度会長、夫の柳沢ロバート貴裕米国日本人医師会副会長が原正夫市長らと除幕した。
 折り鶴は高さ55センチ、横幅80センチ。1・7メートルの石材の上に載せた。米国がある東の方角を向いている。
 米国の同時テロ後、「原爆の子の像」のモデルで、広島原爆の被爆で死去した佐々木禎子さんが折った「サダコの折り鶴」が米国に届けられた。「9・11家族会」などは折り鶴の返礼と、原発事故の被災者支援のためにモニュメントを贈った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧