東日本大震災

  • Check

検討テーマ議論終了 復興推進委の有識者懇談会

懇談会であいさつする根本復興相(中央奥)

 東日本大震災の復興の進み具合を検証し、必要な施策を提言する政府の「復興推進委員会」の第5回有識者懇談会は24日、都内の復興庁で開かれ、全ての検討テーマに関する議論を終えた。6月にまとめる中間報告に反映させる。
 この日は最後の検討テーマとして「『高齢者標準』による活力ある超高齢社会」について意見を交換した。
 東京大高齢社会総合研究機構の大方潤一郎機構長ら有識者5人が出席した。根本匠復興相(衆院本県2区)が「超高齢社会において、世界の先駆けとなるモデルを示したい」とあいさつした。
 出席者は、高齢者が生き生きと暮らせるコミュニティーの構築などについて意見を交換。交流空間の拡充をはじめとしたコミュニティー再生に向けた取り組みの提案があった。
 懇談会は委員会が提示した5つの検討テーマごとに有識者を招き、開催した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧