東日本大震災

  • Check

JAふたば 未処理損失金21億4862万円

双葉郡に向かい黙とうするJAふたばの総代ら

東京電力福島第一原発事故に伴うJAふたばの平成24年度(24年3月~25年2月)の特別損失は13億3195万円に上る。前年度からの繰越損失金などを合わせた21億4862万円を未処理損失金として次期に繰り越し、東電に請求する。25日、福島市のJA福島ビルで開かれた総代会で処理案を承認した。
 同JAは広野、川内両支店を除き本部と各支店が営業を休止している。休止店舗の固定資産価値が喪失したとして、特別損失に固定資産評価損9億8633万円を計上した。避難により県内外に設置した仮店舗の家賃8033万円も含めた。
 総代会には、約150人が出席し、志賀秀栄代表理事組合長らがあいさつした。組合員の営農再開支援や農産物販売事業の強化などを盛り込んだ25年度から3年間の「中期経営計画」を決めた。「TPP断固反対に関する特別決議」を採択した。
 開会に先立ち、双葉郡方面に向かい黙とうした。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧