東日本大震災

「原発事故関連死」アーカイブ

  • Check

「不認定」取り消しを いわきの女性夫の自殺で提訴

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う避難で夫がうつ病を悪化させて自殺したとして、いわき市の女性が27日までに、災害関連死の不認定処分を取り消すよう同市に求める訴訟を福島地裁に起こした。
 訴状によると、女性と夫は震災後の一昨年3月15日、いわき市から郡山市に避難した。約1週間後に帰宅したが、夫は断水や余震などで精神的に不安定になり、うつ病が悪化した。体の痛みや不眠なども訴え、昨年5月に自殺した。女性はいわき市に災害関連死の認定申請をしたが、同年9月に不認定とされた。女性は同市に異議申し立てしたが「震災から1年2カ月が経過しており、自殺の理由が震災によるものと判断できない」として認められなかったという。
 同市は「今後、訴状を精査し対応を検討したい」としている。
 災害関連死に認定されると、災害弔慰金支給法に基づき、世帯主の場合は500万円、それ以外の家族には250万円が国などから支払われる。

カテゴリー:原発事故関連死

「原発事故関連死」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧