東日本大震災

  • Check

復興大使が国連など訪問 県おかあさん合唱連盟、現地で最終合同練習

国連本部(後方)を訪問した「うつくしま復興大使」の(左から)神田さん、緑川さん、遠藤さんと矢森常務

【米国ニューヨークで本社取材団】米国ニューヨークを訪問している福島民報社の「うつくしま復興大使」の3人は18日(日本時間18日~19日)深夜から19日午前にかけ、国連本部や同日本代表部、ニューヨーク市役所を訪問した。
 うつくしま復興大使の3人は緑川五月さん(14)=浅川町、浅川中2年=、遠藤涼香さん(16)=いわき市、平商高2年=、神田武宜(たけよし)さん(52)=湯川村、湯川村・会津坂下町「人の駅・川の駅・道の駅」協議会駅長=。
 国連日本代表部では吉川元偉(もとひで)国連大使らと懇談した。日本代表部や国連本部職員とも意見交換し、本県の現状に理解を深めてもらった。矢森真人常務(復興戦略本部担当)を団長とする福島民報社の訪問団が同行し、同社の高橋雅行社長の親書を手渡した。国連本部に宛てた佐藤雄平知事の親書も託した。
 「うつくしま復興特別大使」を委嘱され、復興大使の3人と一緒に訪米している県おかあさん合唱連盟の一行は、日本時間20日午前に音楽の殿堂「カーネギーホール」で開かれる「カーネギー日米合唱祭~福島から世界へ~」に向け、同ホール近くの会場で最終の合同練習を行った。三宅祐子会長ら137人。合唱祭での演奏曲を繰り返し歌い、ハーモニーの精度を高めた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧