東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

浪江まちづくりに意見 福島で県内外避難町民が懇談

まちづくりについて意見交換する浪江町民ら

 浪江町の「ふるさと浪江町を考える懇談会in福島市」は20日、福島市の福島グリーンパレスで開かれ、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で県内外に避難している町民が帰還に向け、まちづくりについて意見を交換した。
 策定作業が進んでいる町の「復興まちづくり計画」に町民の意見を反映させることなどを目的に企画した。町民約20人が参加し、高崎経済大の学生らが運営に協力した。
 馬場有町長は「町内の除染の進捗(しんちょく)が遅れている。厳しい状況だが、ふるさとの再生をはじめ、町民の生活支援に全力を挙げたい」とあいさつした。
 町の取り組みなどを説明した後、ワークショップ形式で懇談に入った。災害公営住宅や一時滞在施設の在り方など、町への帰還に必要とされることをグループに分かれて話し合った。参加者から「医療や介護の施設が必要」「若い人や子どもが帰還を考えられる環境をつくるべき」「健康づくりに役立つ施設を」などの意見が出た。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧