東日本大震災

  • Check

盛大にかわうち復興祭 環境相参加「農と食」テーマに

遠藤村長(左)と手打ちそばを食べる石原環境相(右)

 今年からコメの作付けを再開した川内村のいわなの郷で20日、「農と食」をテーマにしたイベント「2013かわうち復興祭」がにぎやかに繰り広げられた。
 昨年に続き二度目で、今年は村主体の実行委員会が企画、運営した。オープニングセレモニーで委員長の遠藤雄幸村長が「新しい川内を復興させるには、まず一歩を踏み出さないと奇跡は起こらない」と話し、石原伸晃環境相が村オリジナルの緑色のTシャツを着込み、「農業、漁業、豊かな自然は福島のシンボル。元気な福島の姿を全国に発信させたい」などと祝辞を述べた。
 会場内には村内に今春オープンした川内高原農産物栽培工場「KiMiDoRi」の野菜、村特産のイワナの塩焼き、北海道士別市と長崎市の特産品などの露店が並んだ。
 石原氏は各露店を回り、新そばを試食するなど激励した。また環境省と村主催の座談会に臨み、遠藤村長や村民、Iターン者、放射線量や健康など復興支援者らと意見を交えた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧