東日本大震災

  • Check

本県の様子伝える 京都で報道写真パネル展示

京都のイベントで展示された「福島の記録」

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後の本県の様子を伝える福島民報社の報道写真パネル「福島の記録」は23日、京都市の京都府立植物園で開かれた府民イベント「あすKyoフェスタ」で展示された。
 本県から関西に避難している住民との交流活動を続けている関西浜通り交流会、府社会福祉協議会がブースを設け、「あの時 県内は」「再生・復興へ」などをテーマにしたパネルを紹介した。福島民報をはじめ東北の新聞、本県の高校生によるメッセージ、観光ポスターなどもそろえ、来場者に被災地の現状を発信した。
 福島民報社は復興戦略事業の一環として、公的機関・団体、企業などにパネルを無料で貸し出している。申込用紙は福島民報社ホームページからダウンロードできる。問い合わせは地域交流室 電話024(531)4009へ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧