東日本大震災

  • Check

いわき市に大型シーサー像 那覇市から復興願い贈る

シーサー像を除幕する清水市長(右)と銘苅会長

 東日本大震災からの復興を支援しようと、沖縄県の「那覇市協働によるまちづくり推進協議会」は23日、いわき市に陶器製大型シーサー像を贈った。市内のいわき芸術文化交流館アリオス2階に設置され、勇ましい姿で市民らを見守る。
 いわき市のじゃんがら念仏踊りと沖縄県の伝統芸能エイサーが同じルーツを持つとされる縁で、同協議会が寄贈を申し出た。同県の陶工・新垣光雄さんが制作。高さ約160センチで「てぃーだ(太陽)シーサー」と名付けられた。涙がこぼれないように-と天を見上げるデザインになっている。
 寄贈式はアリオスで行われ、協議会の銘苅(めかる)春雄会長と清水敏男いわき市長が除幕した。清水市長は「市民の心のよりどころになる」と感謝。銘苅会長は「これを機会に交流の輪が広がれば」と期待を込めていた。式に臨んだ新垣さんは「福島の復興のために魂を込めた。かわいがってほしい」と話した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧