東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

燃料プールにカメラ落下 第一原発3号機

 東京電力は28日、福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールに監視用水中カメラ(重さ約5・5キロ)を誤って落としたと発表した。東電は「燃料損傷などの影響はない」としている。
 東電によると、28日午前11時5分ごろ、監視用の水中カメラを遠隔操作で引き上げたところ、ケーブルが切れ、数メートルの高さからプールに落下した。ケーブルを巻き上げ過ぎたことが原因。巻き上げ過ぎを制御する安全装置も作動しなかったという。プール内の大型がれき撤去に向けた準備作業中だった。
 3号機の燃料プールには、使用済み514体、未使用52体の計566体の燃料が保管されている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧