東日本大震災

  • Check

鎮魂の旋律復興後押し 人間国宝の邦楽奏者ら郡山で公演

厳かな旋律で聴衆を魅了する出演者

 人間国宝ら一流の邦楽奏者が集う公演「鎮魂の響き」は18日、郡山市の郡山ユラックス熱海で開かれた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を願う温かな音色が聴衆1200人の心を震わせた。
 市民団体「おにぎりプロジェクト委員会」の主催、邦楽サロンとみ庵の共催。委員会の佐藤三郎代表が、震災犠牲者を慰霊するため昨年3月11日に東京都で開かれた「鎮魂のうたまい」を鑑賞し胸を打たれたのがきっかけ。県民にも聴いてもらおうと初めて企画した。
 人間国宝の尺八奏者山本邦山さん、琉球古典音楽演奏家の照喜名朝一さんら14人が出演。厳かな旋律を届けた。一心に演奏する出演者に、惜しみない拍手が送られた。
 フィナーレでは、とみ庵の小島美子代表が作詞作曲した新曲「未来への歌」を全員で大合唱。出演者と観客が一つになり、明るい未来を願った。
 大島小合唱部によるステージや和太鼓演奏なども繰り広げられた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧