東日本大震災

  • Check

3年ぶりにシラウオ漁 いわき市漁協 試験操業で初

漁獲したイシカワシラウオを網から落とす漁業関係者=いわき市・久之浜漁港

 いわき市漁協の試験操業で初のイシカワシラウオ漁が17日、市内の沿岸部で始まった。いわき沖でのシラウオ漁は3年ぶりとなり、漁港は活気づいた。
 市漁協所属の3隻が同日午前、市内久之浜町の久之浜漁港に約7キロを水揚げした。漁港内では刺し網から魚を落とす作業などが行われた。放射性物質サンプル検査で安全を確認し、市内に出荷された。
 3年ぶりに出漁した第18不動丸船長の小口清さん(77)は「海に出られて満足。試験操業で水揚げを続ける。安全性への理解が広がれば、風評は減る」と意欲を見せた。
 相馬双葉漁協は今月5日から、相双地区の沿岸部でシラウオ漁の試験操業を実施している。
 いわき市漁協の試験操業はこれまで沖合で実施しており、沿岸部では初めてとなる。4月末まで週1、2回程度実施する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧