東日本大震災

  • Check

今年度初の入札不調 郡山・喜久田の災害公営住宅工事 大熊町民向け

 県は12日、郡山市喜久田町に整備する災害公営住宅の工事の入札が不調に終わったと発表した。災害公営住宅の入札不調は平成26年度に入ってから初めて。県は「来年秋に予定していた入居開始時期が遅れる可能性が出てきた」としている。
 入札不調となった災害公営住宅は大熊町民が入居する予定の鉄筋コンクリート5階建ての1棟。県によると、入札は随意契約による見積もり合わせで11日に行われた。参加した9社全てが予定価格を超過し、不調に終わった。
 県は今後、関係者から聞き取りをし原因を調べた上であらためて入札の手続きを実施する。県は当初、8月着工、来年秋の完成・入居開始を目指していた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧