東日本大震災

  • Check

長沼まつりと商工まつり同時開催 力強い復興への契機に

勇壮な姿で繰り出された長沼高のねぶた

 「長沼まつり&ながぬま商工まつり2014」は13日、須賀川市の市長沼支所前駐車場と金町通りで盛大に開催された。
 長沼まつり実行委員会と長沼商工会の主催。30回目となる長沼まつりの節目を記念するとともに、東日本大震災で農業用ダム・藤沼湖が決壊し甚大な被害を受けてから3年半となり、力強い復興への契機とするため、別々に開いていた行事を同時開催とした。日中に商工まつり、夕方から長沼まつりを催した。金町通りで行う呼び物のねぶた・ねぷた運行はこれまでの片道から往復に改めた。
 出陣式の後、金町通りで踊り流しを行い、子どもみこしが繰り出した。よさこいに続き、「困難に負けず勇ましく突き進もう」と記した長沼高のねぶたを先頭に10基のねぶた・ねぷたが登場した。「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声に合わせ参加者が元気な踊りを披露した。遠藤篤長沼まつり実行委員長は「故郷を元気にすることがこの祭りの使命だ。次代に伝えていきたい」と話した。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧