東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

川内村民258人ADR申し立て

 東京電力福島第一原発事故に伴う精神的損害賠償が不十分だとして、東電に慰謝料増額などを求める訴訟を検討していた川内村の旧緊急時避難準備区域の住民112世帯258人は27日、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てた。
 弁護団によると、同区域は平成23年9月に解除となり、1人当たり月10万円の精神的賠償は24年8月で打ち切られた。ADRでは24年8月までの分を月20万円に増やした上で、翌9月から和解成立までは新たに月20万円を支払うよう請求。農林業などの職業を奪われたり、避難に伴って住民同士の交流がなくなったりと、元の生活には戻れていないと訴えている。
 27日に郡山市内で記者会見した原告の無職久保田茂さん(74)は「村が事故前の姿に戻らないのかと思うと心が痛む。家族みんなで安心して住める村になるまでは賠償を継続してほしい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧