東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

双葉病院と県和解 県、HP上に謝罪文

 東京電力福島第一原発事故発生後の県の報道発表が事実に反するとして、双葉病院を運営する医療法人博文会が県に対し、新聞への謝罪広告掲載などを求めた訴訟は23日、福島地裁(金沢秀樹裁判長)で和解した。県が報道発表の誤りを認め、博文会に謝罪する文書を県ホームページ(HP)に掲載する。
 掲載期間は今月30日から最低1年間。県HPのトップページからワンクリックで閲覧できるようにする。新聞への謝罪広告は、出費を最小限にとどめたいとの県の意向を踏まえ、和解条項に盛り込まれなかった。
 和解を受け博文会は「遅すぎた感は否めないが、裁判所の勧告を受け入れたのは評価したい。県が県民の生活向上に全力を尽くすよう希望する」とコメントした。原告側代理人の喜田村洋一弁護士は「県が行政として適切さを欠いたと認めたのは大きい」と述べた。
 県は「災害後の混乱で情報共有ができていなかった。今回の内容を踏まえ、緊急時の対応を検討したい」とした。
 訴状などによると、博文会は「患者救出時に病院関係者は1人も残っていなかった」とする原発事故発生後の県の報道発表が事実に反し、社会的評価が著しく低下したと主張。県は「原告の名誉毀損(きそん)の被害は多くの報道で既に回復した」と反論していた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧