東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県民思い震災後5度目 葛尾村の三春出張所訪問 両陛下ご来県

三春町にある葛尾村の役場出張所を訪問し、住民に声を掛けられる天皇、皇后両陛下

 天皇、皇后両陛下は16日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から5年の節目を迎えた県内の復興状況を視察するため来県された。三春町の葛尾村役場三春出張所を初めて訪問され、帰村に向けて準備を進める村職員や避難生活を送る住民を激励した。避難区域の首長らは震災の記憶の風化が叫ばれる中、幾度も来県される両陛下の姿に古里復興への決意を強くした。

 両陛下が震災と原発事故後、来県されたのは5度目で、今年度は昨年7月に続き2度目。1年間に2度の来県は平成11年9月に豪雨災害の復興状況の視察、同10月に「全国豊かな海づくり大会」に出席して以来となった。
 両陛下は被災地の復興の歩みを見守られてきた。今回も「避難者の方々を励ましたい」という両陛下の強い思いを受けた訪問となった。
 両陛下は三春町の貝山仮設住宅に隣接する出張所に到着後、松本允秀村長、内堀雅雄知事から村の状況を聞いた。村の商工業者らとの懇談では避難生活の長期化の影響などを熱心に質問した。風評被害に強い関心を示された。
 出張所前で大勢の住民が出迎えた。両陛下は笑顔で応えられ、「体には気をつけて元気で」と気遣った。
 村役場は4月1日に村内で全ての業務を再開させるほか、村落合地区に復興交流館や農業倉庫などを整備する計画も進む。松本村長は「こうした時期に訪れていただき、村民も前向きな気持ちになったと思う」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧