東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

内村航平選手「応援大使」に 復興庁委嘱、被災地PR

復興に向けて決意を新たにする(左から)箭内さん、内村選手、今村復興相

 復興庁は1月12日、東日本大震災の被災地を支援する「復興応援大使」を新設し、リオデジャネイロ五輪体操男子金メダリストの内村航平選手(28)に委嘱した。イベントや県内への観光を呼び掛けるポスターなどを通じて復興を力強く後押ししてもらう。
 内村選手は震災後、宮城県などで復興支援活動を展開しており、今村雅弘復興相からの委嘱要請を快諾した。復興庁で委嘱状を受けた内村選手は「自分の足で被災地に行き、感じたことを伝えていきたい」と抱負を述べ、「しっかりと良い演技をして被災地に勇気や感動を与えたい」と力を込めた。
 今村復興相は「内村選手には負けてたまるかというファイトがある」と強調。復興に向けて取り組む被災地の励みになるよう期待を寄せ、県北地方特産のあんぽ柿を贈った。

■新ポスター「行くよ」 箭内道彦さん考案

 ポスターは郡山市出身のクリエイティブディレクター箭内道彦さんが手掛ける。「行くよ」の文字とともに、復興を応援する内村選手の写真を掲載する。「来て」の2文字をシンプルに配置した箭内さん考案の県観光ポスターが現在使われており、新たなポスターを対になるよう掲示する予定だ。12日に復興庁屋上で撮影を済ませた。
 箭内さんは「福島からの呼び掛けに応えるデザイン。復興がうまく進むように思いを込めた」と語った。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧