東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

復興の取り組み発信 福医大、広島大、長崎大関係者ら 福島で「県民公開大学」

原子力災害からの復興について意見を交わす(左から)竹之下、関根、山内の各氏

 公開講座「県民公開大学」は4日、福島市のホテル福島グリーンパレスで開かれ、放射線医療研究などで協力する福島医大、広島大、長崎大の関係者が原子力災害からの復興の取り組みを発信した。
 太平洋戦争で原爆が投下された広島、長崎両市や東京電力福島第一原発事故の被害を受けた県内の復興事業などについて県民に理解を深めてもらうため開催した。約150人が参加した。
 福島医大の竹之下誠一理事長特別補佐は国から高度被ばく医療支援センターの指定を受けるなどした震災、原発事故後の同大の取り組みを紹介した。「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展が県内で開催されたことに触れ、世界からの支援に感謝した。
 竹之下氏、広島大の山内雅弥副理事、長崎大の関根一郎名誉教授による意見交換では、戦後の広島、長崎両市の再興で市民が大きな原動力になった経緯などを報告した。参加者は被災地の医療などを支えるため他大学と連携する大切さ、復興をけん引するリーダーの重要性を確認した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧