東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射線教育を学ぶ ゴメリ州の中等学校訪問

ストゥレリチェボ中等学校の活動内容を聞く訪問団員ら(奥)

【ベラルーシ・ゴメリ州で伊東一浩双葉北支局長】NPO法人ハッピーロードネット(広野町)が主催するベラルーシ友好訪問団は28日午前(日本時間28日午後)、チェルノブイリ原発事故による放射能汚染被害が大きかったゴメリ州ホイニキ地区のストゥレリチェボ中等学校を訪れ、同校の放射線教育について学んだ。
 ホイニキ地区は同原発事故に伴う汚染の影響で一時人口が減少した。同校は1991年に閉鎖されたが、2003年に再開した。現在は放射線サークルの生徒らが地元産野菜の放射線量を測定する取り組みなどをしており、訪問団に対して活動内容を紹介した。訪問団は本県の学校教育の特徴などを説明した。
 27日午後(同27日夜)にはチェルノブイリ原発事故直後から、農作物への放射性物質吸収抑制策などの研究を続けている同州の放射線学研究所を見学した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧