東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

凍土壁、全面運用へ 第一原発 規制委が正式認可

 東京電力福島第一原発の汚染水対策「凍土遮水壁」について、原子力規制委員会は15日、建屋西側に残った約7メートルの未凍結部分の凍結実施を正式に認可した。東電は22日にも作業を始める予定で、完了には2カ月ほどかかる見通し。
 凍土遮水壁は1~4号機の周囲の地盤約1.5キロを凍らせ、地下水が建屋内に流入するのを防ぐ。昨年3月から徐々に凍らせる範囲を広げていた。完了すると、建屋周囲の地下水位が大きく下がって建屋内の汚染水の水位と逆転し、汚染水が外に漏れ出す恐れが指摘されたため、未凍結部分を設けていた。
 東電は6月28日の廃炉作業に関する規制委の会合で、建屋周辺の井戸「サブドレン」で地下水位を制御して汚染水の漏えいを防げると説明。規制委は全面凍結をおおむね了承し、東電が変更申請した実施計画の検証を進めてきた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧