東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

高野病院長今月末退任へ 年内は医療体制維持 広野

 広野町の高野病院の阿部好正院長が9月末で退任する見通しとなった。病院を運営する医療法人社団養高会の高野己保理事長が5日、福島市の福島医大で開かれた福島災害医療研究会で明らかにした。
 高野理事長によると、6月末ごろに阿部氏から辞意を告げられた。自身が専門とする小児科医療と、内科、精神科を主とする病院の性格の違いなどを退任の理由に挙げているという。
 阿部氏が辞任しても常勤医1人、非常勤医11人が診療を担うため、年内は当直を含む医療体制を維持できる見通し。後任の院長が見つからない場合、院長兼管理者不在となる可能性がある。高野理事長は「院長を引き受けてくれる方をできる限り早く見つけたい」としている。
 高野病院は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後の双葉郡で唯一診療を継続してきたが、昨年12月に高野英男院長(当時)が死去し、院長と常勤医が不在となった。別の医師が2~3月の期間限定で院長を務めた後、阿部氏が長野県大町保健福祉事務所長から4月に就いた。
 県地域医療課は「辞任による医療提供体制への影響などを確認した上で対応を検討したい」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧