東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

日本・ベラルーシ訪問団 いわきで報告会

相互訪問の成果を披露する生徒たち

 広野町のNPO法人ハッピーロードネット(西本由美子理事長)の日本・ベラルーシ友好訪問団の報告会は5日、いわき市のいわきPITで開かれた。浜通りの中高校生とベラルーシの大学生が相互訪問の成果を披露し、原発事故被害からの復興と両国の交流を誓い合った。
 7月から8月にかけてチェルノブイリ原発事故の被災地ベラルーシを訪れた生徒16人と、本県を訪問中のベラルーシ国立大の学生4人が発表した。
 事業報告では、生徒がベラルーシの子どもたちとの交流の様子や専門家との意見交換の内容などを紹介。同大の学生は被災地を視察した感想を述べ、「チェルノブイリと福島の事故を忘れてはならない」などと日本語でスピーチした。
 いわき市出身の社会学者で訪問団に同行した開沼博さんをコーディネーターに生徒がパネルディスカッションを繰り広げた。吉野正芳復興相(衆院本県5区)も加わった。子どもたちはベラルーシでの経験を引き合いにしながら、「放射線教育を被災地だけでなく全国規模で行ってほしい」「食品などの放射性物質検査は、風評をなくす意味でも続けるべきだ」などと意見を述べた。約200人が来場した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧