東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

「双葉8町村」広報紙で発信 避難者らのNPO、創刊

創刊した広報紙をPRする平本理事長(右)ら

 東京電力福島第一原発事故に伴う双葉地方の避難者らでつくるNPO法人ふたば創造未来塾(本部・本宮市)は、双葉地方8町村の現状を写真と統計データで伝える広報紙「ふたばはいま」を創刊した。各町村の広報紙新年号とともに全世帯に配布する。

 各町村を見開き2ページで紹介している。ドローンで撮影した各町村の写真を大きく掲載し、復興計画や拠点整備などの概要を紹介。今年11月1日現在の各町村の帰還率、学校再開の状況、再開事業所数なども掲載している。
 古里に戻った人と避難先で帰還を目指す人の声も盛り込んだ。A4判20ページのフルカラーで、約3万2000部を発行した。県の助成金を活用した。避難者の家族が集う正月とお盆を目安に年2回の定期発行を目指す。
 同NPOは双葉地方の住民の絆を維持し、古里の将来を広域的な視点で考えようと昨年12月に発足した。会員は浪江町出身で本宮市で避難生活を送っている平本佳司理事長(59)ら10人。平本理事長は「8町村は避難指示解除時期の違いなどから復興の進度が異なるが、将来に向けては町村連携が不可欠となる。広報紙が未来の地域づくりを考えるきっかけになればうれしい」と話している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧