東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

毎時0.23マイクロシーベルト 妥当性を検討 除染長期目標換算値 原子力規制委が方針

 原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は17日の定例会合で、東京電力福島第一原発事故後に国が除染の長期目標としている年間1ミリシーベルトの換算値「毎時0・23マイクロシーベルト」の妥当性を検討する方針を示した。
 更田委員長は「(0・23マイクロシーベルトは)事故当初に手探りの状況下で設定された」と指摘。「福島第一原発事故後、空間線量や被ばく線量に関するデータが蓄積され、実際に線量計を付けてもらうと、毎時1マイクロシーベルトの場所に居住しても年間被ばく線量は1ミリシーベルト以下になる。きちんと改めないと復興や住民の帰還を阻害する」と述べた。伴信彦委員も「推計式は過大評価されており、実際は(年間被ばく量の)15%にすぎない」とした。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧