東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

地域の復興策共有 南相馬 ICRP対話集会

地域の課題などについて情報を共有する参加者

 国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による「南相馬、小高のいま、未来を共有するための対話集会」は11日、南相馬市民情報交流センターで開かれた。参加者が地域の復興や課題について情報を共有した。
 ICRPやNPO福島のエートスなどでつくる南相馬ダイアログ実行委の主催。市、日本財団の後援。市民や双葉町民、川俣町山木屋地区の住民らが日常生活を取り戻す上での課題を述べた。一昨年夏に東京電力福島第一原発事故による避難指示の大部分が解除された同市小高区の住民からは交通の不便さを指摘する意見が相次いだ。家屋解体で古里の風景が変わることへの危機感や医療費無料化を打ち切る時期について問題提起する声も上がった。
 田林信哉副市長が締めくくりのあいさつで「逆境を飛躍につなげる姿勢が大切。行政が負うべき責任を負い、個人の我慢や忍耐、地域への愛情を集積してプラスの循環をつくり出していきたい」と述べた。環境省と県が席上、ICRPに感謝状を贈った。原発事故後から対話集会を継続し、地域住民と専門家を結び付けている功績をたたえた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧