東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

甲状腺がん診断1人増 県民健康調査

 5日の県民健康調査検討委員会では、原発事故当時に18歳未満だった県内の子ども約38万人を対象に行われている甲状腺検査の結果が示された。2014(平成26)年度に始まった2巡目で、甲状腺がんと診断された人は2017年12月の前回報告から1人増えて52人、疑いは1人減って19人になったと報告された。
 甲状腺検査の流れは【図】の通り。2011年度に始まり、2016年度から3巡目が行われている。3巡目の検査で、がんの疑いと診断された人が新たに3人いたことも報告された。がんと確定した人は7人で変わらなかった。今回の報告を含めた1~3巡目の合計は確定が160人、疑いは36人となった。
 3巡目検査の方部別受診者数などは【表】の通り。

■甲状腺検査4巡目 5月1日に開始

 福島医大は甲状腺検査の4巡目の検査を5月1日に開始する。2018(平成30)年度は小中学生と高校生のほか、25歳になる1993年度、22歳になる1996年度、20歳になる1998年度に生まれた人が対象となる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧