東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

双葉、浪江の復興祈念公園 施設配置計画を公表

 国と県は15日、双葉、浪江両町にまたがり整備する復興祈念公園周辺の施設配置の概略図を盛り込んだ基本計画素案を公表した。公園の中核となる国営追悼・祈念施設(仮称)とアーカイブ(記録庫)拠点施設の周囲に施設を集め、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の教訓を後世に伝えていく。
 国営施設の中心には式典広場を設け、犠牲者を悼む。アーカイブ拠点施設周辺では施設内に収容できない震災遺構などを展示するほか、動物の慰霊碑などを設置する。「ふるさとと人々を結ぶ場」では花を栽培し、伝統芸能が披露できるように整備する考え。各施設の配置は(1)被災地全体の追悼と鎮魂の場(2)震災の原因を知り、再生の息吹を感じる場(3)震災の脅威、被害を伝え、教訓を学ぶ場(4)ふるさとと人々を結ぶ場-という基本構想に基づき考えられた。
 基本計画について協議する有識者委員会は同日、福島市で開かれた。出席者から「公園地域外の被災地の現状も理解してもらう工夫が必要だ」「基本構想を具体化できる施設デザインをしっかり検討していくべきだ」などの意見が出た。
 国と県は今後、パブリックコメント(意見公募)を実施し、基本計画を策定する。2018(平成30)年度中に基本設計の策定に向けた検討を始める。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧