東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

室屋さん松川浦舞う 「相馬福島道路」霊山-相馬玉野IC開通記念

松川浦上空を飛行する室屋さんの飛行機(右上はアップ)

 東北中央自動車道「相馬福島道路」の霊山インターチェンジ(IC)-相馬玉野IC間の開通記念イベント「浜のサムライワールドin松川浦」は25日、相馬市の松川浦漁港で開かれた。「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017」で年間総合優勝した福島市在住のパイロット室屋義秀さんがエアショーを繰り広げた。
 県相双地方振興局と相双地方復興ツーリズム推進委員会の主催。相双地区と中通り、山形県との連携を図り広域観光を促進する狙い。室屋さんは松川浦漁港上空を飛行し、急上昇した後にきりもみで下降したり、ハートを描くように飛んだりすると見物客から歓声が上がった。トークショーもあり、室屋さんは「上空から松川浦を見て復興が進んでいると実感できた」などと語った。
 40のブースが並んだ物産展が開かれ、来場者は海の幸や山の幸など各地のグルメを満喫した。相馬双葉漁協は限定500食でカニ汁を振る舞い、長い行列ができた。プロ野球元巨人の鈴木尚広さん(相馬市出身)や吉本興業の芸人によるトークステージもあった。
 県内外から1万人以上が訪れた。相馬福島道路を利用して会場に来た二本松市の神田みはるさん(52)は「新しい道路で移動時間が短くなり、相馬が近く感じた」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

カニ汁の振る舞いに並ぶ来場者(右)

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧