東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

認知症治療を開始 南相馬の雲雀ケ丘病院

センターの看板を取り付ける熊倉院長

 認知症治療の拠点となる「県認知症疾患医療センター」に南相馬市原町区の金森和心会雲雀ケ丘病院が相双地方で初めて指定され、2日から業務を開始した。
 センターは近隣の関係機関と連携し認知症該当診断や、初期・急性期治療をする。
 熊倉徹雄院長は「移動により障害が発生している例も多い。住み慣れた地域で生活してもらうのが大きな目標」と抱負を述べた。
 県はこれまで、相双地方を除く県内7カ所でセンターを指定している。相双地方は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、認知症やアルコール依存症、うつ病、PTSDの患者が増加傾向にあったが、原発事故の影響で医療関係者が不足するなどで設置が進んでいなかった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧