東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

空き家バンク協定締結 大熊町と県宅建取引業協

協定書に署名した渡辺町長(左)と安部会長

 大熊町と県宅地建物取引業協会は17日、空き家・空き地バンク事業に関する協定を締結した。東京電力福島第一原発事故に伴う町内の居住制限、避難指示解除準備の両区域の土地を対象に避難指示解除を見据え、土地の有効利用につなげる。
 事業は町が「おおくままちづくり公社」に委託する。協会の協力業者が町民らの依頼を受けて土地の基本調査を行い、空き家・空き地バンクに登録する。所有者と利用希望者間の仲介なども担当する。登録物件はホームページで公開する。
 締結式は17日、会津若松市の町会津若松出張所で行われ、渡辺利綱町長と安部宏県宅地建物取引業協会長が協定書に署名した。渡辺町長は「安定した土地活用は企業進出の促進だけでなく、生活環境整備につながり、住民帰還に寄与するはずだ」とあいさつした。
 町はまちづくり公社に委託し、中間貯蔵施設以外の町内の全土地を対象に、賃貸や売買に関する相談を受け付けている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧