東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

登り窯で初窯出し 大堀相馬焼の近藤さん親子

焼き上がりを確認しながら登り窯から作品を慎重に取り出す学さん(奥)と賢さん

 東京電力福島第一原発事故で浪江町から避難し、いわき市四倉に工房を新設した大堀相馬焼「陶吉郎窯」窯元の近藤学さんと長男賢さんは22日、復活させた登り窯で初めての窯出しを行った。
 学さんと賢さんが登り窯の窯出しをするのは震災後初めて。10日に火入れし約1週間の窯たきをした登り窯から、1つずつ焼き上がりを確認しながら、つぼなどの作品約1000点を慎重に取り出した。
 学さんは登り窯特有の味わいの出た作品に充実感を見せながら、「ほぼ8年ぶりに再スタートを切ることができ満足している。思うように仕上がらなかった作品も多かったのでデータを積み重ねていきたい」と語った。
 近藤さん親子は原発事故後の2011(平成23)年6月に同市江畑町に仮の工房を設け、陶芸活動を続けていた。新設する工房は登り窯など4つの窯を備え、ギャラリーを併設している。30日のオープン時には、今回焼き上げた作品を展示する予定だ。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧