東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

各号機に工程案 原子力損害賠償・廃炉等支援機構

 原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)は七日、東京電力福島第一原発の廃炉に向けた技術戦略プランの二〇一八(平成三十)年版要旨を発表した。溶融核燃料(デブリ)の取り出し方法などを決めるため、1~3号機でデブリ取り出しの作業工程案をそれぞれ作成するとの方針を新たに盛り込んだ。
 各号機でデブリ取り出しのシステムと現場適用性に基づいた作業工程案の必要性を明記。号機ごとのデブリ取り出しに必要な課題を明らかにし、解決時期などを含めた工程の作成を促している。
 その上で、汚染水対策や使用済み核燃料プールからの核燃料取り出しなどの計画も含めて検討し、デブリ取り出しに着手する初号機と方法を確定すべきだとした。
 国と東電が作る廃炉の工程表「中長期ロードマップ」では、二〇一九年度にデブリ取り出しの初号機と方法を決め、二〇二一年内にデブリの取り出しを開始するとしている。
 また、福島第一原発で保有する全ての核燃料の移送計画を策定するため、5、6号機での取り出しや仮保管設備の増設も考えるべきとした。
 NDFは今後、技術戦略プランの詳細をまとめ、九月にも完成させる。プランは中長期ロードマップに技術的根拠を与え、着実な実行や改訂の検討に役立てる目的で、NDFが毎年策定している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧