東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

風評克服 復興を 全会津推進大会

会津地方の経済復興を願って気勢を上げる出席者

 福島第一原子力発電所の事故による風評被害などで大きな打撃を受けている会津地方の経済復興を目指す全会津経済復興推進大会は30日、喜多方市の喜多方プラザで開かれた。国、県に対し原発事故の早期収束などを緊急要望した。
 会津方部商工観光団体協議会の主催。会津地域の商工会議所、商工会などから約160人が出席した。同協議会長の宮森泰弘会津若松商工会議所会頭が「『会津は一つ』の理念の下、一致団結して復興を引っ張っていきたい」とあいさつした。
 唐橋幸市郎会津喜多方商工会議所会頭が緊急要望を読み上げた。要望では、風評被害により農作物や食品、工業製品の出荷が制限され、観光産業でも教育旅行や宿泊のキャンセルが相次いでいる地域の現状を訴えた。
 その上で(1)原発事故の早期収束(2)風評被害対策(3)金融・税制支援(4)災害復旧対策支援-を柱に掲げ、国が「会津安全宣言」を出すことや、県庁などが大きな被害を受けたことから県の中枢機能を会津地方に移転しリスクの分散化を図ることなどを求めた。
 出席者全員で「がんばろう福島!がんばっぺ会津!」と気勢を上げた。要望した内容の実現に向けて最大限の努力を誓う大会決議を採択した。
 佐藤雄平知事、渡部恒三衆院議員、増子輝彦、金子恵美両参院議員、瓜生信一郎県議会副議長、山口信也喜多方市長が祝辞を述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧