東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

霊を慰め思い出探す 双葉、浪江町民が一時帰宅

焼香台で手を合わせる浪江町の住民=26日午前11時30分ごろ、浪江町請戸地区

 東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内への一時帰宅で、福島県双葉町には26日、同原発の立地町として初めて住民が立ち入った。浪江町では請戸地区などで大津波の犠牲者を慰霊した。
 双葉町は田村市古道体育館を中継基地に、新山、前田、長塚各地区の住民が帰宅し、思い出の品や貴重品、衣服などを持ち帰った。浪江町は中継基地の南相馬市馬事公苑から移動し、棚塩、請戸、中浜地区の住民が海岸近くの焼香台で線香や花を手向けた。その他の北幾世橋、藤橋両地区の住民も久しぶりにわが家を訪れた。
 一時帰宅は27日も続き、双葉町は60人、浪江町139人、南相馬市91人が参加する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧