東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

一般米出荷、認める 坂下、矢祭分、県内で初 

 県は17日、県内で今年収穫された一般米の放射性物質濃度を検査する本調査で放射性セシウムの濃度が一定水準(1キロ当たり200ベクレル)を下回ったとして会津坂下、矢祭の両町の米の出荷を認めた。一般米の出荷が認められたのは県内初。
 会津坂下、矢祭両町の一般米は予備調査を行った結果、一定水準(1キロ当たり200ベクレル)を下回り、本調査が行われた。旧市町村ごとに2点を調べる本調査でも一定水準を下回り、出荷可能となった。
 県は同日、今年の県内産一般米の予備調査と本調査の放射性物質検査結果を発表した。
 予備調査の検査結果は【表】の通り。10市町村52点を調べた。放射性セシウムはいずれも収穫後の本調査で厳格な測定が必要になる一定水準(1キロ当たり200ベクレル)を下回った。放射性ヨウ素はいずれも検出されなかった。
 本調査の対象は5市町45点。放射性ヨウ素、放射性セシウムともにいずれも検出されなかった。
 本調査の対象となった45点の採取場所は次の通り。

 矢祭町(旧石井村)2点、同町(旧高城村)2点、同町(旧豊里村)2点、喜多方市(旧関柴村)2点、西会津町(旧野沢町)2点、会津坂下町(旧坂下町)2点、同町(旧若宮村)3点、同町(旧金上村)3点、同町(旧広瀬村)2点、同町(旧八幡村)2点、同町(旧川西村)2点、同町(旧高寺村)3点、会津美里町(旧高田町)2点、同町(旧永井野村)2点、同町(旧旭村)2点、同町(旧藤川村)2点、同町(旧赤沢村)2点、同町(旧本郷町)2点、同町(旧玉路村)2点、同町(旧川南村)2点、同町(旧新鶴村)2点

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧