東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

飯舘村民集合「までいな一日。」 感激再会「久しぶり」

ステージを下りて村民らの前で歌う加藤さん

 東京電力福島第一原発事故の影響で各地に避難した飯舘村民が一堂に集うイベント「絆つながる までいな一日。」が19日、仮設住宅がある福島市の松川工業団地で開かれた。避難者ら集まった約1300人は「久しぶりに会えた」と再会を喜び合った。歌手の加藤登紀子さんや加藤さんの次女で村までい大使を務める歌手のYaeさんらの歌声が、傷ついた村民の心を慰めた。
 離れ離れになった村民が集まれる機会をつくろうと、実行委員会(木幡一郎実行委員長)が避難者らに声を掛けた。
 イベントは地元松川町の愛宕陣太鼓連響風組の勇壮な太鼓演奏でスタート。石垣島出身の「オレンジクローバー」、フォルクローレ演奏家木下尊惇さんとアルパ奏者上松美香さんのグループの演奏などで盛り上がった。村の比曽芸能保存会による三匹獅子舞も登場し、村民らを喜ばせた。
 加藤さんとYaeさんが「アメージング・グレース」を熱唱すると会場の盛り上がりは最高潮に。加藤さんは震災後に作ったという「命結-ぬちゆい」や「今どこにいますか」なども披露した。
 会場には同村のコーヒーショップ椏久里(あぐり)をはじめ、会津地鶏や地ビールなどの模擬店も並んだ。売り上げの一部は村への支援金にするという。
 同市飯野町の仮設住宅で生活する無職二階堂茂子さん(61)は「音楽も最高だったし、会場では久々に会えた知人もいた。とても有意義な一日を過ごせた」と満足そうに話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧