東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

第一原発「程遠い収束」 炉内把握は不完全が続く

 東京電力は20日、水素爆発を起こした福島第一原発構内を報道陣に公開した。高橋毅所長が記者団の取材に応じ、圧力容器底部に設置された温度計の一つが故障した2号機について「今後、残りの温度計が壊れないとは言い切れない。燃料の状態もよく分からない」と述べ、炉内の把握は不完全な状況が続くとの見方を示した。原発事故から間もなく1年となる今も実態は「収束」とは程遠い状況が明らかとなった。
 高橋所長は2号機の炉内の状況について、「(溶解した)燃料の中の状態はよく分からない」と述べた。今後、新たに温度計が故障する事態を想定し、ファイバースコープを導入して炉内の状況を確認するという。格納容器内の圧力、注水量などを基にした総合評価も続ける。
 ただ、温度計が使用不能となれば、「圧力容器底部の温度が100度以下」とする原子炉の冷温停止状態の認定は大きく揺らぐ。高橋所長は「冷温停止状態の定義で、細かい点をどう詰めるかは、決定の段階に至っていない」と述べるにとどめた。
 また、凍結が原因とみられる汚染水などの配管の水漏れが相次いだ問題について、「想定が甘かったことは否めない」と謝罪した。
 高橋所長は、福島第一原発4号機の使用済み燃料プールからの燃料取り出しの工程についても説明した。
 現在、燃料搬出の障害となるプール周辺のがれき撤去、構造物の除去を進めており、片付いた後に燃料の取り出し作業に入る。
 東電による福島第一原発の公開は昨年11月に続き、2回目で、経済産業省原子力安全・保安院の保安検査に合わせて実施した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧