東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県と双葉8町村議論進まず

 東京電力福島第一原発事故による中間貯蔵施設の現地調査受け入れをテーマにした県と福島県双葉郡8町村の実務者会合は30日、県庁で始まった。しかし、一部自治体が受け入れに慎重姿勢を示すなど温度差が鮮明となり、議論は進まなかった。
 内堀雅雄副知事と、8町村の副町村長が出席し非公開で行われた。現地調査受け入れをめぐり考え方の食い違いが出て意見がまとまらず、出席者それぞれが話し合いの結果を町村長に伝えた上で、あらためて協議の進め方を検討することになった。県は8町村に意向調査を行い、1週間程度で方向性をまとめる方針だ。
 環境省は中間貯蔵施設整備の工程表に、今年7月に施設の基本設計を開始する計画を盛り込んでいた。しかし、避難区域再編や財物賠償の議論が長引いた影響などで地元との協議は進んでいない。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧