東日本大震災

「3.11大震災・福島と原発」アーカイブ

  • Check

【巨大津波 遅れた対策12】東電の見解に異論 「貞観」の検討求める

産総研活断層・地震研究センター長として研究に取り組む岡村氏

 「貞観(じょうがん)地震というものがあり、津波は塩屋崎沖地震とは比べものにならない非常にでかいものが来ている。全く触れられていないのはどうしてなのか」
 平成21年6月24日、東京・経済産業省別館で開かれた総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会のワーキンググループ会議。東京電力福島第一、福島第二原子力発電所の耐震安全性評価を議論した。
 委員の岡村行信(57)=産業技術総合研究所(産総研)活断層・地震研究センター長=は、原発を建てる際などに想定する最大の揺れの強さ「基準地震動」に対する東電の主張に異議を唱えた。

■塩屋崎沖
 東電は基準地震動の検討対象を考えるに当たって、原発に大きな影響を与えるプレート間地震として昭和13年の塩屋崎沖地震を想定していた。
 一方、産総研は平成16年から貞観地震を調査し、本県沿岸部にも痕跡を確認していた。貞観地震は平安時代の貞観11(869)年に起きたとされる。岡村は会議で「津波堆積物は常磐海岸にも来ている」と貞観地震で巨大な津波が発生していたことを訴え、検討に加えるよう求めた。
 出席していた東電の担当者は「貞観地震は、地震動の観点から被害がそれほど見当たらない」との見方を示す。岡村が「(歴史書の)日本三代実録に城が壊れたという記述がある」と指摘すると、東電側は「断定的過ぎたかもしれない」と答えるものの、あくまで塩屋崎沖地震の想定で進めるとの姿勢は崩さなかった。
 「どうも納得できない」。岡村は不満を示すが、この日の主張が耐震安全性評価に加えられることはなかった。

■海岸段丘
 当時の議論について、東電原子力・立地本部原子力品質・安全部長の福田俊彦(54)は「耐震安全性評価の議論のため津波は対象外だった。貞観津波は今後の調査が必要と考えていた」と東電側の見解を語る。
 岡村は「だいぶ前の話。あくまで議事録の通り」と多くを語らない。ただ、東電が平成21年度から本県の沿岸部で行った貞観津波の調査に厳しい見方を示す。東電は福島第一原発より南側の地域で紀元前1000年以降に津波の痕跡を確認していないとしている。しかし、本県の原発の立地地域は海岸段丘地帯で平野が少なく、津波堆積物を見つけにくいという。
 「東電はそういうところだけ掘って、津波が来ていないと発表している。われわれはより広い範囲で調査を進めようとしていたが、東日本大震災が起きてしまった」。貞観津波の全容解明に至らず、防災対策に生かせなかったことに悔しさをにじませた。(文中敬称略)

カテゴリー:3.11大震災・福島と原発

「3.11大震災・福島と原発」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧