東日本大震災

「あなたを忘れない」アーカイブ

  • Check

75歳まで「現役」 頼りがいある夫

■川内村下川内 早乙女庄司さん(77)

 庄司さんは川内村出身。集団就職で上京し、東京都杉並区の工場で自動車整備士の資格を取った。昭和33年ごろ、4歳年下の時子さん(75)と結婚。いわき市の運送会社に長年勤め、3人の娘を育てた。
 資格を生かし、双葉町の建設会社で75歳まで働いたが、震災の少し前に体調を崩して退職した。平成23年3月、東京電力福島第一原発事故による避難指示を受けて時子さんと村を離れ、下郷町の親戚宅などを転々とした。
 下郷町に避難している間に階段から落ちて頭を縫うけがをした。その後、郡山市の仮設住宅に入居したが、慣れない避難生活の影響からか、次第に体が弱っていった。同年10月中旬にせきの症状を訴えて市内の病院に入院。1週間後に肺炎で亡くなった。震災関連死と認定された。
 衣類の訪問販売をしていた時子さんと共稼ぎで、苦労して自宅を建てた。手先が器用で、家の水道工事や電気設備の修理もこなした。震災時は「どうして避難しないといけないんだ」と話し、愛着ある家を出たがらなかったという。
 時子さんは村内の仮設住宅に1人で暮らしている。「頼りがいのある人だったから、いてくれると心強かった。こんなに早くいなくなるなんて」。悲しみは今も癒えない。

カテゴリー:あなたを忘れない

「あなたを忘れない」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧