東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

観測井戸から40万ベクレル 第一原発でストロンチウムなど

 東京電力は18日、福島第一原発で約300トンの汚染水が漏れた地上タンクの観測用井戸で、17日に採取した水からストロンチウム90(法定放出基準は30ベクレル)などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり40万ベクレル、トリチウム(同6万ベクレル)が79万ベクレル検出されたと発表した。いずれも16日採取分に比べ急上昇し、ベータ線の放射性物質は約6500倍、トリチウムは約3倍になった。
 井戸は8月、約300トンの汚染水漏れが判明した「H4」エリアのタンクから北側約15メートルの場所にある。タンクからの新たな漏えいは確認されておらず東電は原因を調べている。漏えい発覚後、タンク周囲の土壌を入れ替えたが、汚染水が地下に染み込み、放射性物質を回収しきれていない可能性があるという。
 この井戸でのこれまでのベータ線の最高値は3200ベクレル、トリチウムは32万ベクレルだった。
 タンクから約150メートル海側では、地下水が原子炉建屋に流れ込んで汚染される前にくみ上げ、海に放出する「地下水バイパス」が計画されている。地下水汚染の可能性が強まれば、計画に影響が出ると懸念される。東電は、バイパス用井戸とタンクの間に新たな井戸を掘り、汚染された地下水の拡散を防ぐことを検討している。
 一方、H4エリア近くを流れる排水溝で17日に採取した水でも、ベータ線を出す放射性物質濃度が上昇した。最大3万4000ベクレルで、前日の約15倍。台風26号の雨で放射性物質が付着した土壌などが流れ込んだことが原因とみられる。水は土のうで止めており東電は水の回収と排水溝の清掃を進めている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧