東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

大熊で東電の給食センター起工

「福島給食センター」の起工式であいさつする石崎副社長(右奥)と、渡辺町長(左)=29日、大熊町

 東京電力福島第一原発の作業員に食事を提供する東電の「福島給食センター」の起工式は29日、居住制限区域にある大熊町大川原の現地で行われた。来年4月の稼働予定で、一日約3千食を調理する。
 第一原発では一日約6千人が事故の収束に当たっているが十分な休憩場所はなく、労働環境の改善が急がれている。施設は約1万平方メートルの敷地に鉄骨造り二階建て、延べ床面積約3500平方メートルを整備する。平成26年度末の完成を目指す。
 調理や運搬などを担う約100人の雇用を見込む。食事は風評払拭(ふっしょく)に向けて県産食材を活用し、第一原発近くに建設中の大型休憩所で提供する。
 起工式には約30人が出席した。石崎芳行副社長(福島復興本社代表)や増田尚宏常務(福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデント)、渡辺利綱町長、千葉幸生町議会議長らが祭壇に玉串をささげた。渡辺町長がくわ入れした。石崎副社長は「廃炉に向けて安全で安定した作業を続けるため、温かい食事を届けたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧