東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

ALPS1系統停止 第一原発白濁した水を確認

 東京電力は17日、福島第一原発の汚染水から大半の放射性物質を取り除く多核種除去設備(ALPS)で汚染水処理をしていた2系統のうち1系統で処理していた水が白く濁ったため処理を停止したと発表した。東電は汚染水の処理工程で発生するカルシウムを取り除くフィルターの不具合が原因とみている。
 東電によると、毎日実施している処理水の検査で、カルシウム濃度の上昇を確認した。同日、この系統で処理した水のベータ線を出す放射性物質濃度は1リットル当たり240ベクレルで、通常の範囲内だった。
 この系統は3月下旬にも水が白濁し、処理を停止。4月23日から運転を再開した。
 3系統あるALPSは1系統で試運転を続け、残る1系統は今月末の運転再開を予定している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧