東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

再開催求める声が続出 若松、郡山で中間貯蔵施設説明会

 東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設に向けた政府の住民説明会は14日、会津若松、郡山両市でそれぞれ開かれた。具体的な補償額などは示されず、出席者から「国の誠意が感じられない」などとする声が上がった。
 会津若松市の会津大では2回開かれ、双葉、大熊両町の町民ら合わせて約370人が出席した。環境省の藤塚哲朗中間貯蔵施設チーム長らが建設計画の概要を説明した。出席者からは生活再建への支援などについての質問があり、再度の説明会開催を求める声が相次いだ。
 郡山市の郡山ユラックス熱海では約70人が出席した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧